出典:デジタル大辞泉(小学館)

潜函内で作業した人や潜水した人が急速に大気圧の場所に出たときに起こる健康障害。潜函内の高圧下で体液中に多量に溶け込んでいた窒素がガス化し、気泡となって組織の各所を圧迫したり血行を妨げたりするため、手足や腹部の痛みやしびれ、めまい・呼吸困難・虚脱などが起こる。減圧症。ケーソン病。潜水病。