せん‐く【選句】例文一覧 1件

  1. ・・・現にその選句を見ても時として極めて幼稚なる句あるいは時として月並調に近い句でさえも取ってある事がある。今少し進歩的研究的の精神が必要である。青々の句はしっかりして居って或点で縦横自在であるが、時としてあまり自己の好む処に偏してへんてこな・・・<正岡子規「病牀苦語」青空文庫>