出典:デジタル大辞泉(小学館)

論理学で、思考の原理の一。「AはAであるか、非Aであるか、いずれかである」または「AはBであるか、非Bであるか、いずれかである」という形式で表される。排中 (はいちゅう) 原理の反面を表現するもの。選言律。離接原理。→排中原理

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉