出典:デジタル大辞泉(小学館)

はだしで行くこと。素足で歩くこと。かちはだし。

「鸞輿 (らんよ) を―の徒渉 (とせふ) に易 (か) へて」〈太平記・三九〉