出典:デジタル大辞泉(小学館)

農具の一。傾斜したふるいの上端から搗 (つ) き米を流して米とぬかにふるい分けたり、穀粒をふるい分けたりするもの。千把扱 (せんばこ) きとともに江戸中期以後普及し、農作業の能率を高めた。万石通し。