せんごく‐ぶね【千石船】例文一覧 1件

  1. ・・・を思い出し、悖礼の瘠狗、千石船に乗った心地で、ずいぶん油断をしてしまった。いまさら、なにも、論戦しなければならぬ必要もなし、すべての言葉がめんどうくさくて、ながいこと二人、庭を眺めてばかりいた。私は形而下的にも四肢を充分にのばして、そうして・・・<太宰治「狂言の神」青空文庫>