出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《古くは「せんざく」とも》
  1. 穴をうがち掘ること。

  1. 細かなところまで根ほり葉ほりたずねること。また、むやみに憶測してとやかく言うこと。「他人の私生活をあれこれと穿鑿する」「穿鑿家」

  1. 綿密にどこまでも調査すること。

    1. 「なぜ好きだか、いやだかと―してみると」〈鴎外阿部一族

  1. 事の次第。なりゆき。

    1. 「合点のいくいかぬはそっちの―」〈浄・忠臣蔵

出典:青空文庫