出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ひたすら心に深く思いこむこと。また、その心。「親の一念が通じる」

  1. ふと思うこと。

    1. 「―なりとも悔ゆる心を発 (おこ) すべきなり」〈発心集・五〉

  1. 仏語。

    1. ㋐非常に短い時間。瞬間。

      「ただ今の―、空しく過ぐる事を」〈徒然・一〇八〉

    2. ㋑一度の念仏。仏の救済を信じて唱えた一声の念仏。

      「臨終の―は百年の業に勝る」〈往生要集・中〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース