出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏教の一派。もっぱら座禅を修行し、内観・自省によって心性の本源を悟ろうとする宗門。達磨 (だるま) が中国に伝え、日本には鎌倉初期に栄西臨済禅を、次いで道元曹洞禅を、それぞれ入宋ののち伝えて盛んになった。江戸時代に明の隠元が来朝して黄檗 (おうばく) の一派を開き、現在この三派が並び行われている。以心伝心教外 (きょうげ) 別伝を重んじ、仏の心をただちに人々の心に伝えるのを旨とするので、仏心宗ともいう。

出典:青空文庫

出典:gooニュース