出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代に禅宗とともに宋から伝えられた寺院建築様式の一。全体に木割 (きわり) が細く、詰め組の組み物を多く配し、木鼻 (きばな) 刳 (く) り形桟唐戸 (さんからど) 火灯窓 (かとうまど) 扇垂木 (おうぎだるき) など、装飾的な造作が特徴。鎌倉市にある円覚寺舎利殿や正福寺地蔵堂がその代表例。唐様 (からよう) 。