出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《古くは「せんしょう」とも》
  1. 身分を越えて出過ぎた行いをすること。また、そのさま。「僭上な振る舞い」

  1. 分を過ぎたぜいたくをすること。また、そのさま。

    1. 「堅儀な旧家程衣食住の奢りを慎み―の誹 (そし) りを受けないようにし」〈谷崎春琴抄

  1. 大言壮語すること。また、そのさま。

    1. 「色里で―言ふ事は治兵衛めにはかなはねども」〈浄・天の網島

出典:青空文庫