ぜん‐しょう〔‐セウ〕【前×哨】例文一覧 3件

  1. ・・・ 黒龍江軍の前哨部隊は、だゝッぴろい曠野と丘陵の向うからこちらの様子を伺っていた。こちらも、攻撃の時期と口実をねらって相手を睨みつゞけた。 十一月十八日、その彼等の部隊は、東支鉄道を踏み越してチチハル城に入城した。昂鉄道は完全に××・・・<黒島伝治「前哨」青空文庫>
  2. ・・・そうして思いもかけぬ間道を先くぐりして突然前哨の面前に顔を突き出して笑っているようなところがある。 もっとも、ラマンのまねをするつもりで、同じように古くさい問題ばかりこつこつと研究をしていれば、ついにはラマンと同じように新しい発見に到達・・・<寺田寅彦「時事雑感」青空文庫>
  3. ・・・従って、プロレタリア雑誌の影響力によって婦人大衆の間に拡大される前哨戦とブルジョア婦人雑誌の独占地域との関係は、あらゆる瞬間において固定したものではなく、階級的攻勢としてのプロレタリア刊行物の一歩の前進は直ちにブルジョア反動文化への一歩の決・・・<宮本百合子「婦人雑誌の問題」青空文庫>