せんずい‐びょうぶ〔‐ビヤウブ〕【山水×屏風】 の意味

  1. 山水 (さんすい) を主題に描いた屏風。平安時代には宮中などで用いられたが、鎌倉時代以降、密教の灌頂 (かんじょう) 儀式の調度に転用されるようになり、霊地の風景を描いたものも作られた。