出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「所詮 (しょせん) 」の訓読語》せんじつめて考えるに。要するに。結局。所詮。「詮ずる所教師も一人の人間である」