せん‐せき【泉石】例文一覧 1件

  1. ・・・ 私はそのおきぬさんの家の庭の泉石を隔てたお亭のなかに暮らしていたのであった。私は何だかその土地が懐かしくなってきた。「せめて須磨明石まで行ってみるかな」私は呟いた。「は、叔父さんがお仕事がおすみでしたら……」桂三郎は応えた。・・・<徳田秋声「蒼白い月」青空文庫>