出典:デジタル大辞泉(小学館)

    1. ㋐導入的性格をもつ器楽曲。15世紀ごろ、即興的な器楽曲として現れ、17、8世紀には舞踊組曲の冒頭楽章として、また、フーガと組み合わせた形式で盛んに作られた。19世紀以降は導入的性格をもたない独立的な作品も多い。プレリュード。

    2. オペラの全体あるいは各幕の序曲。

  1. 事件や物事の始まり。「雪解けの水が春の前奏曲を奏でる」

[補説]作品名別項。→前奏曲