出典:デジタル大辞泉(小学館)

千人の僧を招いて食を供し、法会を営むこと。特に中国の南北朝時代から流行。日本では孝徳天皇以来盛んに行われた。千僧会。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉