ぜん‐ち【全知/全×智】例文一覧 3件

  1. ・・・しかし彼女は全知である。云わば Delphi の巫女である。道の上の秘密もとうの昔に看破しているのに違いない。保吉はだんだん不平の代りにこの二すじの線に対する驚異の情を感じ出した。「じゃ何さ、このすじは?」「何でしょう? ほら、ずっ・・・<芥川竜之介「少年」青空文庫>
  2. ・・・ この神田八段は大阪のピカ一棋師であるが、かつてしみじみ述懐して、――もし、自分が名人位挑戦者になれば、いや、挑戦者になりそうな形勢が見えれば、名人位を大阪にもって行かせるなと、全東京方棋師は協力し、全智を集注して自分に向って来るだろうと、・・・<織田作之助「東京文壇に与う」青空文庫>
  3. ・・・神は全智全能だと書かれている。けれども、妙なことが一つある。それは、その厚い聖書を書いたのは神自身ではない。みんな神の弟子たちだということだ。ヨブだのマタイだのと署名して弟子が書いている。全智全能だと云いながら、して見ると神というものは本は・・・<宮本百合子「モスクワの姿」青空文庫>