ぜん‐ちん【前陳】例文一覧 1件

  1. ・・・それは前陳の、予感があったという、それだけでも、うなずいて頂けると思います。何はしかれ、御手紙をうれしく拝見したことをもう一度申し上げて万事は御察し願うと共に貴下をして、小生を目してきらいではない程のことでは済まされぬ、本当に好きだといって・・・<太宰治「虚構の春」青空文庫>