せん‐てい【××蹄】例文一覧 1件

  1. ・・・これを考えると、自分らの実行生活が有している最後の筌蹄は、ただ一語、「諦め」ということに過ぎない。その諦めもほんの上っ面のもので、衷心に存する不平や疑惑を拭い去る力のあるものではない。しかたがないからという諦めである。三 こ・・・<島村抱月「序に代えて人生観上の自然主義を論ず」青空文庫>