せん‐とう【仙洞】 の意味

  1. 仙人の住む所。
  1. 上皇の御所。転じて、上皇。仙洞御所。仙院。

せん‐とう【仙洞】の慣用句

  1. せんとうごしょ【仙洞御所】
  • せん‐とう【仙洞】の例文

    出典:青空文庫

    • 仙洞がまだ御位におらせられた永保の初めに、国守の違格に連座して、筑紫へ左遷せられた平正氏が嫡子に相違あるまい。

      森鴎外「山椒大夫」