せんとう‐ほうし〔センタウホフシ〕【専当法師】 の意味

  1. 専当2」に同じ。
    • 「その寺の―、これを見て善心を起こして」〈宇治拾遺・三〉
  • 名詞