出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1893~1986]米国の生化学者。ハンガリーの生まれ。ビタミンCを発見しアスコルビン酸と命名。フマル酸が細胞呼吸の触媒として働くことを見いだし、1937年、ノーベル生理学医学賞受賞。また、筋収縮がアクチンミオシン・ATP(アデノシン三燐酸 (さんりんさん) )の相互反応であることを発見。1947年に米国に亡命。著「分子下生物学入門」など。