出典:デジタル大辞泉(小学館)

St. Patrick's Cathedral

アイルランドの首都ダブリン中心部にある、同国最大の大聖堂。5世紀半ば、アイルランドの守護聖人の聖パトリックがキリスト教への改宗者に洗礼を行ったという泉に起源する。12世紀末に石造の大聖堂が建造され、13世紀半ばに現在見られるゴシック式の建物になった。14世紀から16世紀にかけて同国初の大学が置かれた。18世紀に作家スウィフトが司祭長を務めたことでも知られ、彼の墓がある。
英国、北アイルランド東部の町アーマーにあるアイルランド国教会の大聖堂。聖パトリックがケルト人にキリスト教を布教するための拠点として、5世紀半ばに創設した教会に起源する。13世紀に現在見られるゴシック式の建物が建造された。
英国、北アイルランド東部の町アーマーにあるローマカトリック教会の大聖堂。19世紀半ばに建造が始まったが、ジャガイモ飢饉 (ききん) により作業が遅れ、20世紀初頭に完成。ケルト由来の内部装飾が施されていることで知られる。
オーストラリアの都市メルボルン中心街にあるローマカトリック教会の大聖堂。ゴールドラッシュ期に建設が始まり、80年以上もの歳月をかけて1939年に完成。奥行90メートル以上のネオゴシック式の建造物であり、同国最大のカトリック教会として知られる。