出典:デジタル大辞泉(小学館)

St. Paul's Cathedral》英国の首都ロンドンにあるイギリス国教会の大聖堂。7世紀初頭、ケント王国時代の小聖堂に起源する。中世にノルマン様式の大聖堂が建造されたが、1666年のロンドン大火で焼失。チャールズ2世の依頼を受けた建築家クリストファー=レンの設計により、1675年から1710年にかけて現在見られる新古典主義様式の大聖堂が再建された。地下礼拝堂には、ネルソン提督、ウェリントン将軍、建築家レン、チャーチルらの墓所がある。セントポール大聖堂。
インド東部、西ベンガル州の都市コルカタにあるイギリス国教会の大聖堂。市街中心部、モイダン公園南東の一角に位置する。19世紀半ば、ネオゴシック様式で建造。高さ約60メートルの塔をもち、内部には聖パウロを描いたフレスコ画やステンドグラスがある。