せんにち‐そう〔‐サウ〕【千日草】例文一覧 1件

  1. ・・・小田巻草千日草天竺牡丹と各々手にとり別けて出かける。柿の木の下から背戸へ抜け槇屏の裏門を出ると松林である。桃畑梨畑の間をゆくと僅の田がある。その先の松林の片隅に雑木の森があって数多の墓が見える。戸村家の墓地は冬青四五本を中心として六坪許りを・・・<伊藤左千夫「野菊の墓」青空文庫>