ぜん‐ば【前場】例文一覧 1件

  1. ・・・いつのまにやら、前場の姿のままの野中教師、音も無く花道より登場。すこし離れて、その影の如く、妻節子、うなだれてつき従う。ああ、頭が痛い。これあ、ひどい。節子、無言で野中に寄り添い、あたりを見廻し、それから・・・<太宰治「春の枯葉」青空文庫>