出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](多く副詞的に用いる)
  1. さまざま。いろいろ。はなはだ。まったく。「千万心を砕く」「千万かたじけない」

    1. 「返事に堪へかねて、思案すること―なり」〈仮・伊曽保・上〉

  1. 万が一にも。万一。

    1. 「是は―蒐合 (かけあひ) の軍 (いくさ) にうち負くる事あらば」〈太平記・一八〉

[接尾]形容動詞の語幹や性質・状態を表す体言に付いて、その程度がはなはだしいという意を添える。「無礼千万」「迷惑千万」