せん‐ぴょう〔‐ピヤウ〕【選評】例文一覧 1件

  1. ・・・を読み、選評速記を熟読して、深くその感に打たれた。          三「運・不運」は、この作だけについて決定的なことを云われたら作者も困る作品だろうと思った。『文芸』の今回の選には満場一致のような作品がなくて、そのためかえ・・・<宮本百合子「今日の文学の諸相」青空文庫>