いち‐ぶ【一部】 の意味

  1. 全体の中のある部分。一部分。「一部の反対派」「長編を一部割愛する」⇔全部
  1. 書物や新聞などのひとまとまり、ひとそろい。また、書物の一冊。
  1. 高校・大学などで、夜間部を指す二部に対して昼間部のこと。
  • 名詞

いち‐ぶ【一部】の慣用句

  1. いちぶけいしき【一部形式】
    • 楽曲で、4小節ずつの前楽節・後楽節でできている8小節の形式。最も簡単な形式。
  1. いちぶしじゅう【一部始終】
    • 2が原義》成り行きの初めから終わりまで。顛末(てんまつ)。一伍一什(いちごいちじゅう)。「一部始終を詳しく話す」
    • 書物の初めから終わりまで全部。
      「学問すべしと言へばとて―を心得渡し」〈一言芳談
  1. いちぶしっこうゆうよ【一部執行猶予】
    • 裁判所が3年以下の懲役または禁錮を言い渡す場合に、刑の一部を執行し、残りの期間について執行を猶予できる制度。初めて実刑を受ける人や薬物使用者が対象。平成28年(2016)6月より導入。
  1. いちぶじむくみあい【一部事務組合】
  1. いちぶじゅんびせいど【一部準備制度】
    • 兌換(だかん)券発行制度の一。発券銀行正貨と引き換えのできる銀行券を発行するとき、一定限度まで債券商業手形などの有価証券を準備させ、その額以上に対しては正貨(金)を準備させる制度。
  1. いちぶそん【一部損】
    • 地震保険の損害区分の一つ。居住用建物の主要構造部(壁・柱・床・梁(はり)・屋根・階段)の損害額がその建物の時価の3パーセント以上20パーセント未満の場合、または、全損大半損小半損に至らない建物が床上浸水または地盤面より45センチメートルを超える浸水を受けて損害が生じた場合、および、生活用動産(家財)の損害額が家財全体の時価の10パーセント以上30パーセント未満の場合をいう。保険金額の5パーセントが支払われる。
  1. いちぶそんかい【一部損壊】
    • 地震などで被災した建物の被害程度の区分の一つ。居住するために補修を必要とするが、破損の程度が全壊・大規模半壊・半壊には至らないものをいう。→罹災証明書
  1. いちぶはんけつ【一部判決】
  1. いちぶほけん【一部保険】
  • いち‐ぶ【一部】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ この兄貴らしい心もちは、勿論一部は菊池の学殖が然しめる所にも相違ない。

      芥川竜之介「兄貴のような心持」

    • ・・・またすべての青年の権利たる教育がその一部分――富有なる父兄をもった一部分だけの特権となり、さらにそれが無法なる試験制度のためにさらにまた約三分の一だけに限られている事実や、国民の最大多数の食事を制限している高率の租税の費途なども目撃している・・・

      石川啄木「時代閉塞の現状」

    • ・・・別館、あるいは新築と称して、湯宿一軒に西洋づくりの一部は、なくてはならないようにしている盛場でありながら。

      泉鏡花「小春の狐」