せん‐ぶん【線分】例文一覧 1件

  1. ・・・             ○ 二定点間ノ最短距離ハソノ二点ヲ結ブ線分ナリ。 然し、みのえはジグザグ裏通りの狭いところを通って、女学校の往きに、時々油井の家へよった。会社員である油井も、電車へ八時半に乗らねばならぬ。「・・・<宮本百合子「未開な風景」青空文庫>