出典:デジタル大辞泉(小学館)

《欠けたところのない玉の意》すべてが備わっていること。完璧。

「一点の瑾 (きず) を見て―の価を評す可らざるなり」〈福沢文明論之概略