せん‐ぼう〔‐バウ〕【×瞻望】例文一覧 1件

  1. ・・・寺に杉本樗園の墓を尋ねた時、門内の桜は既に散っていたが、門外に並んだ数株の老桜は恰も花の盛であったのみならず、わたくしは其幹の太さより推測して是或は江戸時代の遺物ではあるまいかと、暫く佇立んでその梢を瞻望した。是日また大行寺の門前を通り過ぎ・・・<永井荷風「上野」青空文庫>