せん‐ぼう〔‐ボフ〕【×懺法】例文一覧 1件

  1. ・・・と略同じ頃書かれている虚子の有名な「風流懺法」等と比べると農村生活に深い根をもつ節独特の稟質がうかがわれるのである。 写生文派は写実主義文学にうつり、今日現実を更にその有機的諸関係につき入って描こうとする現実主義が問題となって来ている。・・・<宮本百合子「「土」と当時の写実文学」青空文庫>