いちぶじゅんび‐せいど【一部準備制度】 の意味

  1. 兌換 (だかん) 券発行制度の一。発券銀行正貨と引き換えのできる銀行券を発行するとき、一定限度まで債券商業手形などの有価証券を準備させ、その額以上に対しては正貨(金)を準備させる制度。