出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 新生児の頭蓋 (とうがい) の骨の境目で、骨化がまだ進んでいない結合組織膜の部分。左右の前頭骨と左右の頭頂骨とに挟まれた菱形のものを大泉門、左右の頭頂骨と後頭骨との間の三角形のものを小泉門という。成長とともに閉じる。ひよめき。おどりこ。顖門 (しんもん) 。

  1. 黄泉国 (よみのくに) の門。あの世への入り口。

[医学/人体]カテゴリの言葉