出典:デジタル大辞泉(小学館)

《趙弼「評史」から》一つの災いを逃れても別の災いにあうたとえ。