せんもん‐い【専門医】例文一覧 2件

  1. ・・・皮膚科と、もうひとつ、とても平気で言えないような、いやな名前の病気と、そのふたつの専門医だったことを、私は病院の玄関の看板で、はじめて知ったのですが、それでは、あそこに腰かけている若い綺麗な映画俳優みたいな男のひと、どこにも吹出物など無い様・・・<太宰治「皮膚と心」青空文庫>
  2. ・・・ 父親と二人になった時、なほ子は本気になって専門医に見せることを勧めた。「何でも糖尿病と更年期に押しつけて置いて、ほんとに手後れにでもなったら大変よ」 昌太郎は、「うむ、うむ、いやその通りだ」と、頷いた。が、その手筈を決・・・<宮本百合子「白い蚊帳」青空文庫>