ぜんりんこくほうき【善隣国宝記】 の意味

  1. 室町中期の外交史書。3巻。瑞渓周鳳 (ずいけいしゅうほう) 著。文明2年(1470)ごろ成立。古代から室町中期に至る日本と中国・朝鮮半島との外交史と、室町幕府の外交文書などからなる。日本外交の通史であるとともに、室町期の外交の実態を知る基本史料。