ぜん‐れい【全霊】例文一覧 1件

  1. ・・・ そこに井伏さんの全霊が打ち込まれているのだかどうだか、それは私にもわからないが、しかし、旅の姿として最高のもののように思われる。金銭の浪費がないばかりでなく、情熱の浪費もそこにない。井伏さんの文学が十年一日の如く、その健在を保持して居・・・<太宰治「『井伏鱒二選集』後記」青空文庫>