ぜん‐れい【前例】例文一覧 18件

  1. ・・・店で承知でやらすならともかく、女給たちに勝手にそんな真似をされたら、もうそのカフェは駄目になると、あとで前例も聞かされた。 女給が変ると、客種も変り、新聞社関係の人がよく来た。新聞記者は眼つきが悪いからと思ったほどでなく、陽気に子供じみ・・・<織田作之助「夫婦善哉」青空文庫>
  2. ・・・卑屈の克服からでは無しに、卑屈の素直な肯定の中から、前例の無い見事な花の咲くことを、私は祈念しています。<太宰治「自信の無さ」青空文庫>
  3. ・・・証拠物件に蝋管蓄音機が持出されたのに対して検事が違法だと咎めると、弁護士がすぐ「前例」を持出すのや、裁判長のロードの少々勘の悪いところなどが如何にもイギリスらしくて、いつものアメリカの裁判所の場面と変った空気を出しているようである。 ど・・・<寺田寅彦「映画雑感(5[#「5」はローマ数字、1-13-25])」青空文庫>
  4. ・・・「べらぼう」の意がなくはない。しかしまた、「強い」ほうの意味の bala から出た balavat だって似ていなくはない。「珍しい」「前例のない」ほうの aprpya, apurva でも、やはり日本式ローマ字で書くと p+r+b(m) ・・・<寺田寅彦「言葉の不思議」青空文庫>
  5. ・・・して見ると、つまりは純文学の批評家は純文学の方面に関するあらゆる創作を検閲して採点しつつある事になる。前例を布衍して云うと地理、数学、物理、歴史、語学の試験をただ一人で担任すると同様な結果になる。 純文学と云えばはなはだ単簡である。しか・・・<夏目漱石「作物の批評」青空文庫>
  6. ・・・軍人が名誉ある勲章を食ってしまうという前例はない。」曹長「食ったらどうなるのでありますか。」特務曹長「軍法会議だ。それから銃殺にきまっている。」間、兵卒一同再び倒る。曹長(面「上官。私は決心いたしました。この饑餓陣営の中に於きま・・・<宮沢賢治「饑餓陣営」青空文庫>
  7. ・・・不幸にもまたここに実父の側との戦いがはじまって、良人の軍は敗れたので、夫人の実父は前例どおり、また夫人を救い出そうとしたのであった。これまでまことに女らしく父の命のままに行動した娘に、今回も父が期待していたことは、彼女の無事な脱出と身の平安・・・<宮本百合子「新しい船出」青空文庫>
  8. ・・・十九日の日本プロレタリア文化連盟拡大中央協議会は、開会、即時解散をくったが、文化団体として前例のない勇敢なデモが敢行され、新聞はトップ四段抜きでその報道をのせ、築地小劇場の会場が混乱に陥った瞬間の写真が掲載されている。警視庁特高係山口、明大・・・<宮本百合子「刻々」青空文庫>
  9. ・・・ ナチス政権の下においてドイツ人民が苦しんだとおり、ファシスト・イタリーでイタリー人民が苦しんだとおり日本の人民がその生活の歴史に前例のなかった程深刻な犠牲を強いられた事実を語るものです。 そしてドイツやイタリーにおいて誤った政権の・・・<宮本百合子「国際民婦連へのメッセージ」青空文庫>
  10. ・・・大変面白い文化年表をつけます。前例のない試みですが、有益です。[自注10]花の散ったパリ――一九二九年のアメリカの恐慌の影響をうけたパリの生活。[自注11]二年間位の仕事――「伸子」の続篇が計画されていたが実現しなかった。・・・<宮本百合子「獄中への手紙」青空文庫>
  11. ・・・ この事実は、文学の領域には前例のない事件として、当然諸方面から文化統制に対する反対が生じ、二年前プロレタリア文学の退潮、それに引つづく沈滞期に叫ばれたよりはその社会的色調を濃くした現実の姿で文学の危機が再認識された。 文学の本質が・・・<宮本百合子「今日の文学の展望」青空文庫>
  12. ・・・その懇話会賞も制定され、その名の叢書も刊行され、それらの小説集の表紙には時の農林大臣有馬頼寧の写真が帯封の装飾として使われるという前例のない有様を呈した。 近代及び現代の日本文学の中で、農民文学の占めて来た位置とその消長の跡とは、日本の・・・<宮本百合子「昭和の十四年間」青空文庫>
  13. ・・・ その解決を求めて、今年のブルジョア文学は前例ないほどドストイェフスキーやバルザック、ゴーゴリなど外国の古典的作品の再検討をとりあげ、明治文学研究も行われた。リアリズムの問題も、プロレタリア文学運動に新たな方向を与えた社会主義的リアリズ・・・<宮本百合子「一九三四年度におけるブルジョア文学の動向」青空文庫>
  14. ・・・部屋でも、塵なく片づいてさえおれば堪能しているのに、この時三輪の花に示した優しさは、前例ないことであった。祖母は御愛素でなくその華々しい薄桃色の草花を愛した。後で、種々枕元に飾ったがどれもそのカアネーション程は気に入らなかった。そして、不満・・・<宮本百合子「祖母のために」青空文庫>
  15. ・・・ 湯浅宮相が女子学習院の卒業式に出席して前例ない峻厳な華族の女の子たちの行紀粛正論をやったということが目立ったぐらいで、敢て道徳問題や親の不取締りとかいう点につき、問題化すものは少く日頃は根掘葉掘りの好きな新聞記者さえ、触れ得ぬ点のある・・・<宮本百合子「花のたより」青空文庫>
  16. ・・・ヒットラー政権の下では、自由主義的な芸術家が国外へ追放され、政治的移民としてアムステルダムやパリに住み、世界文学史の上に前例のなかった移民文学を創造している。これらの人々は当然ヒューマニズムの立場にあるのであるが、更に注目すべきことは、ドイ・・・<宮本百合子「ヒューマニズムの諸相」青空文庫>
  17. ・・・の作者、故フールマノフにしろ、ゴーリキイにしろ、前例のない作家の典型である。これらの人々は、ゴーリキイのように終始一貫作家としての活動で歴史の推進に参加し、それを反映すると同時に進む歴史の指導的な力に導かれて偉大な完成を遂げた芸術家、或はフ・・・<宮本百合子「ヒューマニズムへの道」青空文庫>
  18. ・・・とにかく明治以来の文学史であまり前例のない数の婦人作家たちが文壇に作品を送りその評価を問うたのであったが、それはただちに日本婦人の文化の能力がこの何年間かに異常に高められて来た結果であるといい得るものだろうか。少くとも日本の今日の文学のあり・・・<宮本百合子「婦人の文化的な創造力」青空文庫>