出典:デジタル大辞泉(小学館)

きぬ。ころも。着物。多く「おんぞ(御衣)」「みそ・みぞ(御衣)」の形で用いる。

「神― (みそ) 織りつつ」〈神代紀・上〉