出典:デジタル大辞泉(小学館)

[終助]サ変・カ変動詞の未然形、その他の動詞の連用形に付く。中世には、サ変動詞の連用形にも付く。
  1. 副詞「な」と呼応して、禁止・制止の意を表す。…てくれるな。…なよ。

    1. 「な恨み給ひ―」〈徒然・六九〉

  1. 副詞「な」は用いないで、禁止・制止の意を表す。…てくれるな。…なよ。

    1. 「かく濫 (みだり) がはしくておはし―」〈今昔・一九・三〉

[補説]上代は「な」だけで「そ」を伴わない例もあり、禁止の意は「な」のほうにあって「そ」は軽く指示するにすぎなかったといわれるが、院政期ごろから中世にかけて2の用法も現れた。
[係助]