出典:デジタル大辞泉(小学館)

禅宗で、修行中の弟子を導くために、師の僧が警策 (きょうさく) を用いて警醒すること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉