出典:デジタル大辞泉(小学館)

智徳年戒によって僧に与えられる位階。天平宝字4年(760)、大法師位を最高位に、その下に伝灯・修行の二色を置き、それぞれ法師位・満位・住位・入位の四位を設け二色九階が制定された。のち、修行位が廃絶。貞観6年(864)にはその上に法印大和尚 (ほういんだいおしょう) 位・法眼 (ほうげん) 和尚位・法橋 (ほっきょう) 上人位の三階が設けられ、それぞれ僧正僧都律師の階位とされた。のちには仏師や経師、医師などにも授けられたが、明治6年(1873)に廃止。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉