出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本における漢字音の一。平安中期から鎌倉時代にかけて日本に伝えられた、時代の中国語の発音に基づくもの。従来、唐音 (とうおん) とされていたものの一部で、主に禅僧によって伝えられ、禅宗関係の語に多い。「行火 (あんか) 」の「あん」、「普請 (ふしん) 」の「しん」、「椅子 (いす) 」の「す」の類。唐宋音 (とうそうおん) 。