出典:デジタル大辞泉(小学館)

統計調査で、母集団から標本を抽出するとき、調査事項に影響をもつと考えられる既知の事柄によって母集団をいくつかの層(群)に分け、そこから適切な比率で標本を抽出する方法。層別抽出法。層別任意抜き取り。

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉