ぞうき‐せいざい〔ザウキ‐〕【臓器製剤】 の意味

  1. 動物の臓器を原料として製した薬剤。肝臓・胆嚢 (たんのう) ・膵臓 (すいぞう) ・甲状腺などを用いた利胆薬・ホルモン剤など。