出典:デジタル大辞泉(小学館)

本地垂迹 (ほんじすいじゃく) 思想によって作り出された僧姿の八幡神像。一般に、座して錫杖 (しゃくじょう) を持つ。平安初期以降、多くの彫像・画像が作られた。