そうきょく‐せん〔サウキヨク‐〕【双曲線】例文一覧 2件

  1. ・・・河の水面のプロフィルが河長に沿うて指数曲線か双曲線のような恰好をしている。その脇に沿うてほぼ同じ勾配の道路をつけるから、自然に途中で道と河との高度差の最大な処が出来るのであろうかと思われた。 水力発電所が何カ所かある。その中には日本一の・・・<寺田寅彦「雨の上高地」青空文庫>
  2. ・・・地上七十余尺の頂上まで上ってしばらく四方を展望していると思うと、突然石でも落とすようにダイヴするが途中から急に横にそれて、直角双曲線を空中に描きながらどこかの庭木へ飛んで行く。しばらくするとまた煙突の梯子へもどって来てそうして同じ遊戯を繰り・・・<寺田寅彦「藤棚の陰から」青空文庫>